塗りやすさで選ぶ

このページでは、まつげ美容液を選ぶ際のポイントとして「塗りやすさ」に注目し、くわしく解説しています。

まつげ美容液の形状

まつげ美容液の形状は大きく分けて「筆タイプ」「フロッキーチップ(スポンジチップ)タイプ」「ブラシタイプ」「コームタイプ」4つのタイプがあります。

各タイプのいいところ、悪いところをまとめてみました。

まつげ美容液のタイプいろいろ

  • 筆タイプ

先端が筆状の形をしたもの。ジェルタイプのアイライナーのようなタイプです。

最大のメリットは、まつげの根元に塗りやすいこと。細い筆先で、まつげの根元とまつげの根元の間をピンポイントにしっかりと美容液を塗り込むことができます。

たっぷり塗りたい場合は筆先にしっかりと液を含ませることができて、少量にしたい場合も簡単にキレイいに余分な美容液を絞ることができるので、量の調整がしやすいのもいいですね。

その反面、細く離れたまつげの先をピンポイントで塗るのが難しいというデメリットがあります。

  • フロッキーチップ(スポンジチップ)

リップグロスでよく見かける、スポンジ状のタイプです。

先が丸く大きいので、たっぷりと美容液を含ませて塗ることができます。また、まつげ美容液を使いなれていない人でも、全体にしっかりと塗りやすいのが魅力です。

ただし、目尻のまつげに塗りこもうとすると肌についてしまうなど、細かく塗り分ける事が難しというのがデメリットです。

  • ブラシタイプ

もっとも馴染みがあるマスカラのようなタイプのまつげ美容液で、まつげの毛先にもしっかりと美容液を塗ることができます。マスカラを使い慣れている方には、最も塗りやすい形状でしょう。

ただ、目のキワや目頭に塗るときに肌につきやすいのがやや難。まつげの根元にある短く細いまつげには塗りにくそうです。

  • コームタイプ

小さく軽量に作られている、コーム(櫛)型のタイプです。

まつげの根元から毛先まで、とかすように満遍なく塗ることができます。

気になるデメリットは、量の調整がしづらいということ。たっぷりと液体を塗ろうとするとコームに液体がよどんだりして、乗り過ぎてしまいます。逆に少量にしようとすると、液体が綺麗に拭えてしまいます。液体を含みにくい形状なので、調整が難しいのです。

  • その他のタイプ

メジャーな4つのタイプ以外に、さまざまな形状があります。

太めの筆の「ダイヤルタイプ」、ブラシとスポンジが両方使える「球体チップ付きブラシ、毛や面ではなくつるんとした毛先でまつげ美容液を綺麗に拭き取ることができて衛生的な「スパチュラタイプ」、直接指で塗る「塗るタイプ」などなど。

ちなみに、私のおすすめは指で直接塗るタイプです。まつげの根元にしっかり浸透していることがもっとも実感できます。自分の指先を使うので、塗り残しがないかが感覚でわかり、力の加減もしやすいです。

まつげに塗るマスカラと違い、美容液は透明なので「本当にちゃんと塗れているのかな?」とちょっと不安になることも・・・・・・。

マスカラやリップなど普段お使いのメイク道具などと比較して、自分にしっくり来る形状を選ぶのもオススメです。

 

このサイトに掲載している情報はあくまで個人で収集したものです(2016年2月現在)。
くわしい情報については、かならず該当の公式ページをご確認ください。

CAREGORY

[目的別]まつげ美容液選びのポイント

[まつげが伸びると評判の]美容液をリサーチ

[口コミで人気の]まつげ美容液・使用体験レポ

まつ毛美容液入門ナビ