まつげを増やす方法

 まつげを増やすための5つの方法をご紹介します。それぞれの目的に合った方法を実践しましょう。

まつげを増やす方法5選!

まつげを伸ばすには、いくつかの方法があります。アナタの目的に合った方法を選び、しっかりと目的の長さをキープしていきましょう。

保湿ケア商品でまつげを伸ばす

まつげが抜ける大きな原因の一つに、まつげや根元の乾燥があります。乾燥する時期になると、髪の毛の枝毛や切れ毛も見られますが、まつげでも同じ現象が起こると考えて良いでしょう。

保湿をしてもまつげが伸びるとは言い切れないのですが、少なくとも、まつげの抜け毛を最小限に抑えることができるので、相対的に、保湿ケアをしていない人よりもまつげが濃くなる期待はあります。

食べ物でまつげを伸ばす

ビオチン(魚介類、ナッツ類など)やポリアノン(大豆、チーズなど)といった成分を含む食べ物が、まつげの育成に良いと言われています。

逆に高カロリーのジャンクフードは、まつげの健康に良くないと言われています。

つけま・まつエクでまつげを伸ばす

つけま、まつエクでまつげを伸ばす方法が、もっとも一般的かもしれません。ただし、これらは厳密に言えば「まつげを伸ばす」のではなく、「まつげが伸びたように見せる」こと。自まつげに変化はありません。

育毛剤でまつげを伸ばす

まつげを伸ばすことだけを目的にした「まつげ育毛剤」があります。本当に伸びるかどうかは、商品や使用者の状態によっても異なると思いますが、効率的・かつ高い確率でまつげを伸ばすためには、有効な方法かも知れません。

ただし、まつげ育毛剤は、かねてから副作用が指摘されています。色素沈着や目のかゆみ、充血などが生じる可能性もあるので、使用の際には十分に注意しましょう

まつげ美容液でまつげを伸ばす

目元に、まつげが伸びやすい環境を作り、まつげを育てるのが「まつげ美容液」です。まつげや、まつげの根元に良いとされる成分を配合し、毎日ケアすることでまつげが健康的に生えてくる土台を作っていきます。

各種口コミサイトなどを見ても分かるとおり、まつげ美容液で本当にまつげが伸びた、という声は非常に多く聞かれます。


以上、まつげを伸ばす方法を5つ紹介しました。

食べ物でまつげを伸ばす方法は、ある意味、基本です。これを守れないようだと、まつげの健康以前に、体の健康が危ぶまれます。

つけま・まつエクは、自まつげを伸ばすわけではなく、また着脱の際に自まつげが抜けてしまうため、結果としてまつげを減らしてしまうことにもなりかねません。

近年の主流は、まつげ美容液です。

まつげ美容液には、まつげを健康に保つ保湿成分も配合されています。また、天然由来のまつげ育毛成分なども含まれているため、まつげ育毛剤とは違って、安全にまつげを育成していくことも可能です。

まつげを伸ばしたいとお考えの方は、これらの方法の中から自分の目的に最も合っているものを選んで実践してみてください。

このサイトに掲載している情報はあくまで個人で収集したものです(2016年2月現在)。
くわしい情報については、かならず該当の公式ページをご確認ください。

CAREGORY

[目的別]まつげ美容液選びのポイント

[まつげが伸びると評判の]美容液をリサーチ

[口コミで人気の]まつげ美容液・使用体験レポ

まつ毛美容液入門ナビ